トランスビット
トランスビットの開発ノート Webサイト制作に役立つTipsやトラブルシューティングなどの備忘録 - Wordpress -

wp_get_archives()で出力されるURLを一部変更する

カスタム投稿タイプにカスタムタクソノミーをつけ、パーマリンク設定やfunction.phpをカスタマイズし、何とか思惑通りのパーマリンクに変更……
↓↓↓
[ターム] https://ドメイン/カスタム投稿タイプ名/ターム名/
[記事] https://ドメイン/カスタム投稿タイプ名/ターム名/記事ID/
[月別アーカイブ] https://ドメイン/カスタム投稿タイプ名/date/年/月/
↑↑↑
こんな感じにした時の話です。

WordPressのバージョンも、各種プラグインのバージョンも最新で、テーマは一から作ってすっきり。そんな状態で、テンプレートにwp_get_archives()使って月別アーカイブ一覧を出力したら、なんと https://ドメイン/カスタム投稿タイプ名/年/月/ といったリンクが生成されました……orz

プラグインのコンフリクトを疑ってみたり、パーマリンクの再設定をしてみたり、思いつくことはいろいろやってみたんですが、なんとも上手くいかず。
思惑通りのパーマリンクは得られていることだし、wp_get_archives()のほうをいじってお茶を濁すことにしました。

wp_get_archives()では、引数に echo => false としてやると、値を表示じゃなくって値を取得することができます。なのでその後、str_replaceでdateを入れてやればオッケーというわけです。

例えば、infoというカスタム投稿タイプだったとしたら……

$args= array(
  'type' => 'monthly',
  'echo' => false,
  'post_type' => 'info'
);
$monthly_list = wp_get_archives($args);
$monthly_list = str_replace('/info/', '/info/date/', $monthly_list);

echo $monthly_list;

これで月別アーカイブ一覧のリンクが正常に!
ただし、今後Wordpressやプラグインのバージョンアップでwp_get_archives()が普通に使えるようになるかもしれないので、置き換え前に、if(strpos($monthly_list,’/date/’) !== false){……とかしとくといいかもですね。

Filed under:

Event OrganiserのカレンダーウィジェットのタイトルをY年Fにする

Event Organiserのカレンダーウィジェットのタイトル……っていうかキャプションの日付表示が、’F Y’なのを、’Y年F’にする

要は、こういうことです。
widget_calendar

方法:1 直接プラグインをいじる。

編集するファイルは event-organiser/classes/class-eo-calendar-widget.php です。
プラグインアップデートの度に作業が必要な愚策ですが、一応目的は果たせます。

 
// 編集ファイル:event-organiser/classes/class-eo-calendar-widget.php

// $title = sprintf( '<caption> %s </caption>', esc_html( eo_format_datetime( $month, 'F Y' ) ) );
$title = sprintf( '<caption> %s </caption>', esc_html( eo_format_datetime( $month, 'Y年F' ) ) );

方法:2 function.phpでフィルターフックをかける。

やるなら断然こちらですね。
eo_format_datetime関数を調べると、フィルターフックがeventorganiser_format_datetimeということと、その使い方までわかります。
本当、コーデックス様々です。

ちなみに、同じようにしたいと思った人と、それができた人を見つけました。
WordPress プラグイン Event Organiserの日付表示について

上記プラグインにてウィジェットでカレンダーを表示しています。

カレンダーの日付部分が ◯月 2016といった表示になってしまいます。これを 2016 ◯月という風に年・月に表示を変更したいのですがプラグインのファイルを探してみても変更場所がみつかりません。
変更箇所がわかる方、どうかお教えいただけませんでしょうか

(captionの部分です)
—–
回答:こんな感じですかね。

// functions.php
function my_eventorganiser_format_datetime( $formatted_datetime , $format, $datetime ) {
    if ( $format === 'F Y' ) {
        return eo_format_datetime( $datetime, 'Y年 F' );
    } else {
        return $formatted_datetime;
    }
} // 未テスト
add_filter( 'eventorganiser_format_datetime', 'my_eventorganiser_format_datetime', 10, 3 );

残念ながら、質問者さんは実現できなかったようです。
私もやってみたんですが、すぐにはダメでした。後でできました。
というのも、ウィジェットを置きなおしてみたら、それまで効いていなかったフックが効いたんで。

別にオチをつけたかったわけじゃないんですけど……色々やってみるもんですね。

Filed under:

Event Organiser覚書

珍しく間を開けずに投稿。ちょっと忘れそうなので走り書き。
……そうだ、これが本来の使い方だった。(゚Д゚)

カスタム投稿タイプ利用の、イベントカレンダープラグインとしてなかなか優秀らしいEvent Organiserを使うことに。

Event Organiserの特徴

パーマリンクは個別設定可

設定→Event Organiser→パーマリンクから、各種見本パスの太字にあたる部分を変更することで、パーマリンクを設定することが出来ます。
今回ネックとなったのは、変更できない部分。太字じゃないとこ(=_=;

個別記事ページのパーマリンクは、他に合わせてpost_idにしたいのに、Event Organiserではslug…。
固定ページならしっかり付けますが、投稿記事のslugは面倒でわざわざ変更しないので、そのままタイトル流用になっちゃう場合が多いと思います。
プラグインそのものを編集してしまおうかとも思ったんですが、slugにpost_idベースの名前をいれてやれば良いんだ!と気づけたので、いつも一方的にお世話になっているjim912さんのサイトでコード発掘。
投稿スラッグを自動的に生成する
……今後はどのサイトにもこれを入れとこうかな。

各ページ用に専用テンプレート利用可

設定→Event Organiser→基本 で、どんなテンプレート名のものを用意すればいいか、書いてくれてます。
ちょっとしたことだけど手間が減ります。

カレンダー表示用等、各種ショートコード有

別に固定ページを用意して、そこにショートコード書いても良かったんですが、Event Organiserのarchiveページにカレンダーを表示させればURL的にも美しくおさまるので、カレンダー表示用のショートコードをアーカイブテンプレートに書きました。

エラーになりました。orz

仕方ないのでevent_fullcalendarでreadme.txtに検索かけたら、eo_get_event_fullcalendar();とかいう元関数を発見。ああよかった。

// ↓これは駄目
<?php echo do_shortcode('[eo_fullcalendar]'); ?>

// ↓これが正解
<?php echo eo_get_event_fullcalendar(); ?>

——————————–
2016/02/11 追記

Event Organiser Codexを発見!!

Filed under:

WordPressのギャラリーのカラム数を変更したり色々

世の中の皆さんはGW中ですね。
私は、仕事以外での想定外のイベント事……っていうかトラブルが多すぎて、その分回り回ってぐるぐるして、今年は半分GW、半分仕事って感じです。

さて、結局仕事では使わなかったけど、今後使うかもしれない程度に便利そうなのでメモ。
function.phpに記述。

/*********************************************************************************
// ギャラリーの設定を変更
*********************************************************************************/

function amethyst_gallery_atts( $out, $pairs, $atts ) {

    $atts = shortcode_atts( array(
        'columns' => '4',
        //'size' => 'thumbnail',
         ), $atts );

    $out['columns'] = $atts['columns'];
    $out['size'] = $atts['size'];

    return $out;

}
add_filter( 'shortcode_atts_gallery', 'amethyst_gallery_atts', 10, 3 );
/*********************************************************************************
// アイキャッチ画像がある場合はアイキャッチ画像を、ない場合は記事のギャラリーに入っている一番最初の画像を表示
*********************************************************************************/

function print_post_image($size = 'thumbnail'){
	if ( has_post_thumbnail() ) {
		the_post_thumbnail($size);
	} else {
		$attachments = get_children(array(
			'post_parent' => get_the_ID(),
			'post_type' => 'attachment',
			'post_mime_type' => 'image',
			'order' => 'DESC'
			));
		if(!empty($attachments)){
			$img = array_shift($attachments);
			echo wp_get_attachment_image($img->ID ,$size);
		}
	}
}

Filed under:

WordPressのtime()はちょっと違う

3月って、やらないといけないことがたくさんありますね。確定申告は、3月頭に終わらすことができました。
毎年e-Taxサイトで申告データ作成しているのですが、今年はとある箇所の自動計算で引っかかってしまい、どうやっても自動計算の値がおかしいのでe-TaxサイトのサポセンにTELし、あーだこーだ状況説明。
30分くらい調べてもらって「上司と話してわかりました!」とかいう結論が……。

「今年はそういう仕様です。あとは所轄の税務署と相談してください」
ちょ、仕様とかwwそんなわけないやろwwwww

幸い、丸投げされた所轄の電話相談窓口の税理士さんはとっても親切な方だったし、e-taxソフトでの申告データ作成(紙申告に限りなく近い)で事なきを得ました。
……来年はちゃんとバグ潰しといてよね!(怒)

長い前振りでしたが、今日のテーマは仕様。
Advanced Custom Fields(以下ACF)のDate and Time Picker アドオンを使って、日付+時刻をカスタムフィールドで入力できるようにしました。
ACFのDatePickerの解説にある例(Query posts based on date)のように、現在日時より開始日時が早くて終了日時が遅い投稿を絞り込みたい場合、meta_queryを使って開始日時と終了日時それぞれを現在日時で比較し、andでくくって取ってくればいいわけです。
そこで、現在日時をdate_i18n(‘Y/m/d g:i a’);として絞り込もうとしたんですが、何も引っかからない。
データベースをのぞいてみたら、案の定、日時はACFから指定したフォーマットではなく、UNIXタイムスタンプ形式で格納されていました。
それならtime()使えばいいやと現在日時をtime()にするも、何も引っかからない……。
何が悪いのか全くわからず色々ググッていると、Codexでcurrent_time()とかいう関数のページを見つけました。
current_time(‘timestamp’) は、ブログのローカルタイムを受け取りたい場合に time() の代わりに使うとよい。WordPress では、PHP の time() は常に UTC 時刻を返す。これは、 current_time(‘timestamp’, true) を呼び出すのと同じ結果となる。
これ。これですよ。普通、こういうのを仕様って言うんですよね!!?

// $today = date_i18n('Y/m/d g:i a');  誤:データはUNIXタイムスタンプで格納されている
// $today = time();                    誤:current_time('timestamp', true)と同じで、 UTC 時刻を返す
$today = current_time('timestamp'); // 正:Wordpressではtime()の代わり

$args = array (
    'post_type' => 'post',
    'meta_query' => array(
		array(
	        'key'		=> 'start_datetime',
	        'compare'	=> '<=',
	        'value'		=> $today,
	    ),
	     array(
	        'key'		=> 'end_datetime',
	        'compare'	=> '>=',
	        'value'		=> $today,
	    )
    ),
);

今回もCodexのお陰で無事解決。
current_time(‘timestamp’)を使うことで、思い通りのqueryを得ることができました。

Filed under: