トランスビットの開発ノート

Webサイト制作に役立つTipsやトラブルシューティングなどの備忘録

Event Organiser覚書

珍しく間を開けずに投稿。ちょっと忘れそうなので走り書き。
……そうだ、これが本来の使い方だった。(゚Д゚)

カスタム投稿タイプ利用の、イベントカレンダープラグインとしてなかなか優秀らしいEvent Organiserを使うことに。

Event Organiserの特徴

パーマリンクは個別設定可

設定→Event Organiser→パーマリンクから、各種見本パスの太字にあたる部分を変更することで、パーマリンクを設定することが出来ます。
今回ネックとなったのは、変更できない部分。太字じゃないとこ(=_=;

個別記事ページのパーマリンクは、他に合わせてpost_idにしたいのに、Event Organiserではslug…。
固定ページならしっかり付けますが、投稿記事のslugは面倒でわざわざ変更しないので、そのままタイトル流用になっちゃう場合が多いと思います。
プラグインそのものを編集してしまおうかとも思ったんですが、slugにpost_idベースの名前をいれてやれば良いんだ!と気づけたので、いつも一方的にお世話になっているjim912さんのサイトでコード発掘。
投稿スラッグを自動的に生成する
……今後はどのサイトにもこれを入れとこうかな。

各ページ用に専用テンプレート利用可

設定→Event Organiser→基本 で、どんなテンプレート名のものを用意すればいいか、書いてくれてます。
ちょっとしたことだけど手間が減ります。

カレンダー表示用等、各種ショートコード有

別に固定ページを用意して、そこにショートコード書いても良かったんですが、Event Organiserのarchiveページにカレンダーを表示させればURL的にも美しくおさまるので、カレンダー表示用のショートコードをアーカイブテンプレートに書きました。

エラーになりました。orz

仕方ないのでevent_fullcalendarでreadme.txtに検索かけたら、eo_get_event_fullcalendar();とかいう元関数を発見。ああよかった。

// ↓これは駄目
<?php echo do_shortcode('[eo_fullcalendar]'); ?>

// ↓これが正解
<?php echo eo_get_event_fullcalendar(); ?>

——————————–
2016/02/11 追記

Event Organiser Codexを発見!!

Filed under:

« »