トランスビットの開発ノート

Webサイト制作に役立つTipsやトラブルシューティングなどの備忘録

jQueryのドロワープラグインSlidebarsが、Androidでちょっとした問題を起こしていた件について

仕事が終わってまったりしていたら、トランスビットの外の人に「これ原因突き止めといて。じゃ、出かけてくるから!」って投げられた宿題の話です。

AndroidのChromeでページを一気にスクロールさせていると、footerを表示するあたりで一セクション前の部分まで勝手にスクロールして戻ってしまうので、正常な状態に直す。

他のデバイスではなんともないので、cssかscriptだろうとあたりをつけて探っていくと、Slidebars(2系)でした。
スクロールするのみでドロワーメニューをタップしていないにもかかわらず、slidebars.jsが動いて何らかの処理をしてしまう……。
ということで、slidebars.jsを見ていくと、一番最後にありました!

//459行目(最後から2行目)をコメントアウト

//$( window ).on( 'resize', this.css.bind( this ) );

PCでウインドウ幅を狭めてスマホ版表示にした時、ドロワー表示用のボタンが出てくるようになっています。
このドロワー表示用のボタンをタップしてドロワーメニューを表示させたままウインドウ幅を広げ、PC版表示にした時、ドロワーメニュー用の領域をきれいになかったことにしてくれるのが、この一文です。
なので、この一文がないと、ドロワーメニューを表示させたままウインドウ幅を広げPC版表示にした時、ドロワーメニュー用の領域が白い帯として残ってしまいます。

そもそもトランスビットではスマホ版でしかドロワー使わないということもあるのですが、

  • PCでサイト閲覧してて
  • 320pxまでウインドウ幅狭めてスマホ表示にして
  • ドロワー出して
  • 更にそのままウインドウ幅広げてPC表示に戻したりする

そんな人はいないんじゃないか?

という性善説で、トランスビットでは459行目をコメントアウトして問題なしとなりました。
これで宿題クリアです。

Androidでスクロールすると、ウインドウ再描画してるみたいやなーって思うときがあったんですが、リサイズしてたんですね。
cssやscriptの読込順とかなんか色々関係してるんでしょうか……リサイズ……謎です。

Filed under: ,

« »